食材について

八塩がある豊岡市は山と海、豊かな自然に囲まれていて、春夏秋冬それぞれに豊富な自然食材が手に入ります。

特に魚は「竹野産であること」と、「活魚で仕入れて自分で処理をすること」にこだわっています。竹野産の活魚にこだわるのはせっかくの地魚を最高の状態で食べて頂きたいからです。魚種によっては瀬戸内の方が有名な物もありますが、流通に乗せられたものよりも、自分で競り場に立ち目利きし、血抜きや神経〆などの調理前の段階から美味しくするための処理にこだわっています。

また店主は漁業権をもった料理人兼漁師。

御予約のない凪の日は自ら磯見漁に出て、旬の海藻や貝をとり、コースの一品で提供することもあります。

自然食にこだわり、お肉は栄養豊富でヘルシーな但馬地方のジビエを使い、野菜のほとんどは2人の母親が家庭菜園で作ったもの。

中には形が悪いものもありますが「うちげの料理」がコンセプトの八塩にとっては、2人は信頼できる生産者であり、プロが作ったものより価値があると考えています。